月紫光 GESSIKO -Ninja Mikazuki-

小説 月紫光

✶ 第一幕 旅立ちの儀式

PAGE  1 / 2 / 3 ▶︎

 煌々たる満月の今宵。ネオ・トーキョー・シティの西の果て、奥多摩の山中の洞窟では折しも、一人の美しい姫をめぐる神聖な儀式が執り行われていた。

  洞窟の天井にポッカリと開いた穴から、青白い月光が射し込み、洞窟の内部に散りばめられた紫色の鉱物の破片を輝かせる。学校の体育館ほどの大きさの洞窟の内部はいたるところ、見事な紫色に染まっている。儀式に集まった人々が「月紫光」と呼ぶ幻想的な自然現象だ。

  時は西暦二〇六六年の初夏。ネオ・トーキョー・シティでは、立ち並ぶ超高層ビルの間を縫うように自動車専用レーンが走り、自動運転の「AIビークル」と呼ばれる乗り物が音もなく行き来する。おかげで交通事故はなくなったが、人々が自ら自動車を運転する楽しみを奪われて久しい。肉体労働も大半は作業用ロボットが行い、頭脳労働はAIが代行している。食料は、肉も野菜も魚も工場の中でバイオ技術によって製造されている。

人々の生活の中で、生きるために働く時間は極端に短くなった。残念なことに、科学技術の飛躍的な進歩に反比例して、人間の精神は退化してしまったようだ。ほとんどの国民は趣味や美食、恋愛、ゲームなどにうつつを抜かし、刹那的な快楽に溺れている。

 そうした人間の愚かさをあざ笑うかのように、三十年前、巨大な銀河が太陽系に異常接近したため、太陽系の時空にひずみが生じた。そのひずみを通って、過去の様々な時代から様々な身分、職業の者たちが大勢、今の時代にワープしてきたのだ。

 当然ながら国中が一時は大混乱に見舞われたが、いずれの時代からやってきたかに関わらず、市井の町人や商人、農民などはすぐに現代社会に溶け込んだ。何しろ、朝廷や幕府のように目に見える形で支配する権力機構はなく、重い年貢を納めるために汗水垂らして働く必要もないのだ。彼らからすれば、現代は天国に等しい。

 一方、奈良・平安時代の貴族や、鎌倉から江戸時代にかけての武士といった支配階級の人間たちは、かつての権勢を忘れるとこができず、得意の権謀術数を用い、怠惰な生活に慣れ切った現代人を支配している。自らを都道府県の〝知事大名〟と称して事実上の世襲制を敷き、時として国会議員より大きな権力を握るまでになった。

 ワープしてきた人々の中には、各地で暗躍するNINJAの一族も含まれていた。戦闘技術はもちろん、諜報活動や破壊工作、心理作戦などに優れた彼らの能力は、科学が発達した西暦二〇六六年においても大いに威力を発揮することが分かった。そのため、知事大名はそれぞれNINJAの一族を傭兵として囲い込み、自分たちの権力欲を満足させるために、NINJA同士を戦わせているのだ。

 ネオ・トーキョー・シティを首都とするジャパンを六年前から統治しているショウアンも、NINJAを使って政権奪取に成功したのだった。自ら〝将軍〟と称し、長きにわたって権力をほしいままにしてきたショウアンだが、今ではショウアンに対する知事大名たちの反発は頂点に達している。

 知事大名たちは、隙あらばショウアン政権を転覆し、自らが将軍の座に就こうと企み、NINJAを使って暗闘を繰り広げているのだ。

 NINJA同士の闘いは、一般人の目に触れない時空のダークサイドで行われる。それゆえ趣味や快楽に溺れる一般人の目には、この国は平和な世の中に見える。しかし、NINJAにとって現代は、中世の戦国時代に逆戻りしたかのような戦乱の世なのである。

  月紫光の夜に聖なる儀式を行っているのは、平安時代から続く由緒正しい一族の一つ、トウキョウ・シティの北西部に位置する奥多摩一帯をテリトリーとするシガツ一族である。

 シガツ一族もワープしてきた一族だが、ワープしてきた一般の人々とも、NINJAとも異なる顕著な特徴があった。いつのころからかシガツ一族の棟梁の家に生まれた姫には、乱世に平穏をもたらす特殊な能力が備わるようになったのだ。

  そのシガツ一族に二十年前、待望の姫が生まれた。きょう二十歳の誕生日を迎えたシウン姫である。今宵の儀式はシウン姫が成人したことを祝うためである。そして同時に、シウン姫の旅立ちの儀式でもある。

  洞窟の一際高い岩場に端然と座っているのが、いずれ一族の第二十七代棟梁となるシウン姫だ。シガツ一族の姫の正装である純白の絹布に色鮮やかな絹糸で精緻な刺繍を施した衣装が、月紫光に照らされ、美しい紫色に染まっている。男の正装である純白の絹の作務衣に身を包み、シウンの傍らに立っているのは、シウンの父親である第二十六代棟梁のペンハーンだ。

 数十人の人々が三メートルほど低い平坦な場所に立ち、姫を見上げている。集まった皆は、袖のない色鮮やかな羽織にモンペという一族の正装姿の者もいれば、Tシャツにジーンズやスーツ姿など思い思いの服装の者もいる。

  頃合いを見計らってペンハーンがシウンに目配せする。シウンがうなずくのを見て、杖を大きく持ち上げて先端で足元の岩を突く。

 カーーーーーーーン。

 乾いた音が洞窟の壁に乱反射して響きわたる。その残響音が消えるのを待って、姫がおもむろに立ち上がった。

「おおっ、今夜の姫は一段と美しい!」

 二人を見上げる数十人の老若男女が一斉に、感嘆する声を上げた。彼らが正装したシウン姫を見るのは、この夜が初めてだった。

PAGE  1 / 2 / 3 ▶︎